7c41c1a2-s[1]

日和田山ゲレンデの重症事故統計(2015年~2019年)
埼玉県警、山岳事故資料と担当警察官に電話にて所感と内容を聞きました。
※「ヘルメットを被って事故のないように登ってください。」とのことでした。
※私も過去に2度ほど懸垂下降の失敗で目の前で落ちてきて亡くなった登攀者を見ています。
また直近の死亡事故は良く顔を見ている人でしたのでとても悲しいです。
2015年 日付不明
 男性 60代 単独 岩場で片付中に転落?        死亡
 男性 60代 単独 自己確保忘れ?           重症
2016年 日付不明
 男女 60代 リード・クリップ時の確保者との連絡不備? 重症
2017年 重症事故無し
2018年 
 4月16日
  女性 40代 リード中滑落              重症
11月30日 男性 70代 単独 アッセンダー装着不備?   重症
2019年
 4月7日
  男性 50代 単独 懸垂下降の失敗?         死亡

考察
 1、単独   セルフチェックのみになりダブルチェックがない。
 2、男性  
単独登攀は男性が圧倒的に多い!
 3、中級者
 初心者の事故は少ない、慣れによる油断があるのか?!。

私も日和田をよく利用する一人としてこのような事故が無いことを願います。
その一助として皆さんが漠然と感じていたことを統計からハッキリと認識することで事故が起きないことを願うばかりです。
この3点を心の中に置いて楽しい登攀をすることを心から願っています。

UCS 浦山 博