IMGP5144
8月1日(水)晴れ
室堂を9:30に出発したところです。
良い天気ですが、今年はここにいても暑い!

IMGP5156
今回は、別山乗越から向かいます。

IMGP5163
途中あった、きれいな高山植物です。チングルマです。

IMGP5172
チシマギキョウ?

IMGP5159
タテヤマリンドウ

IMGP5174
イワツメクサ?

IMGP5181
剣沢小屋には、13:30に着きました。

IMGP5175
小屋から見た、剣岳です。

IMGP5183
8月2日(木)晴れ
早朝2:20に小屋を出て別山尾根から頂上を越えて北方稜線をたどりチンネに向かう!一服剣付近です。

IMGP5185
剣の影が日本海に浮かんでいます。

IMGP5188
頂上です。太陽です。

P8020171
5:40 頂上に着きました。
参加者です。

IMGP5192
頂上から、遠くに槍ヶ岳が見えています。

IMGP5195
北方稜線を下っています。
向うに八つ峰が見えています。

P8020173
気を遣う北方稜線を越えて池谷ガリーを下っています。

P8020172
何度来ても嫌な下りです。

P8020174
もうすぐ、三の窓のコルです。


P8020175
やっと三の窓のコルに着きました。
8:30です。
一人用のテントがあり、単独のクライマーの物でした。
左端のラインが左岩稜です。
雪渓がしっかりと残っています。
アイゼン、ピッケルを付けて早速取付きに向かいます。

IMGP5202
ジャンダルムです。


IMGP5204
1ピッチ目 8:50に登攀開始です。

P8020177
1ピッチ目を登ってくる参加者です。

IMGP5207
取付きから見た山の窓雪渓とコルです。

IMGP5214
2ピッチ目。

IMGP5218
3ピッチ目

IMGP5217
上部壁が見える地点です。

IMGP5220
上部壁を登る単独クライマーです。

P8020178
参加者です。

P8020179
中間部に登りました。

IMGP5221
先行する、単独クライマー
登り返しで登っています。

P8020180
参加者と単独クライマーです。
1人で登攀。クールですね!!!
ここでルートを譲ってくれました。

IMGP5225
鼻と言われる核心部です。

IMGP5226
核心部を越えていきます。

P8020181
核心を越えてビレーをしている参加者を見ています。

P8020182
参加者です。
高度感抜群です!

P8020183
もうすぐチンネの頭です。

IMGP5227
12:00チンネの頭に着きました。

IMGP5230
チンネのコルです。
休憩もそこそこに、池の谷ガリーに下ります。
2回の懸垂です。
ガリーを登っている2人の姿が見えます。
辛そう!

IMGP5232
北方稜線を登り返します。
この辺りから暑さも加わり疲れが出てきます。

P8020184
14:40剣の頂上に戻ってきました!!!

P8020185
お疲れさま。
よくぞ登りました、歩きました!!!
トータルな登攀、おめでとう!!!

この後、剣沢小屋に戻ったのは17:50でした。
15時間半の行動でした。
小屋は、昨日と違い満員でした。
ビールで乾杯!、しかし身体が興奮しているので寝苦しい夜でした。

IMGP5239
室堂が見えてきました。

IMGP5236
8月3日(晴れ)
身体はかなり疲れていますが、満ち足りた心で室堂に下山しました。行きと同じ
別山乗越から帰りました。

室堂には10:30に着きました。!

IMG_4687
室堂でバス待ちの時に面白い物を見つけました。
雷鳥のクライマーです。
ピッケル、アイゼンも持ってパーフェクトです。

IMG_4690
角度を変えて。

IMG_4689
わかりずらいですが、ロープウエーもあります。
そして、ケーブルカー、トロリーバスも。

IMG_4688
サングラス、ヘルメット、アタックザックまでの気合いに親近感が湧きます!
厳しい登攀の後、なごみますね。