P2090123
2月9日(木)曇り 寒い。
大谷不動に来ました。
今回は、大谷不動最難関と言われる「左岸壁、左ルート」に来ました。
時間は、12時です。

P2090161
参加者です。登攀を終えた後です。TPとはいえよくぞ登りました。
ピッチグレードはⅥ級です。
今回は結氷が良くステミングが使えたので、登りやすかったかもしれません。

P2090125
私が準備しているところです。
アウター、上着は脱ぎました。寒さよりも動き重視です!手袋も一番薄い毛糸です。

P2090126
登りだしです。

P2090130
写真のようにステミングが使えます。

P2090134
もう少しで中間部です。
ここで休めます!

P2090136
中間部で一息入れて、上部に入ります。

P2090138


P2090142
上部でもステミングが使えましたが。
写真ではわかりずらいですが、ここから左に移り3mほどは垂壁になりきつい部分です。

P2090143
緩傾斜に入りました。
ビレー点まで20分の登攀でした。

P2090151
TPをセットして、下降してきているところです。

P2090154
参加者が、登ります。
Ⅵ級のアイスは初めてです。

P2090155
ステミングを使って登っています。

P2090156
もう少しで休める中間部です。
スクリューも回収しています。

P2090157
中間部です。

P2090158
緩傾斜に抜ける前はステミングが使えず、垂壁になります。
最上部で疲れているのできつい部分です。

P2090160
緩傾斜に抜けて「ガッツポーズ」です。
良く登りました。

P2090161
同じ写真ですが、もう一度!
14:00でした。