f85f432b.jpg

9月9日(金)
この日は休養日だったのですが、天気予報を見ると今日が30%の確率で明日以降は、週末まで50%確率でさらに悪いので連続の行動だったが、友人二人と登ることにした。
ネバダフォールの登りに入る手前からこの岩を目印に左に踏み跡を入ります。
5時キャンプ出発
分岐点6:30

0b36006e.jpg

アプローチのスラブから見たロストレークです。

63a2fb2d.jpg

そのアプローチのスラブです。
傾斜は写真より急です。
下から見たときはロープを出さなければダメかなと思うほどでしたが、行ってみるとちゃんと踏み跡とケルが積んでありました。

75b18b35.jpg

9:00過ぎに取り付きに着きました。
先行パーテーが2組いました。
私達の後にさらに一パーテーがいました。
みんな天気予報を見て今日に集中したのだろう。
ルートは小さいハングの左側です。右に行くのはルートではありません。
ハングを左にトラバースするのですが、つるつるでここが一番の核心部でした。
すぐ上に安定したビレー点がありました。

abbbe2f2.jpg

同じ写真です。

3d4d02d8.jpg

2ピッチ目
クラックはやさしい。
後続する二人。

57765b26.jpg

左のダイクにトラバースするスラブです。
先行はーテーはイギリスから来たと言っていました。
セカンドは女の子でした。
いろいろとお話ししました。

030efb9b.jpg

そのトラバースをするKさんとCさん。

4c16be13.jpg

やっとダイクに入りました。
確かにランナウトするが豪快だ。
エンジョッイ!

020efd03.jpg

先行する二人。
壁がでかい!

0841812d.jpg

12:00に登攀を終了して、スラブフォーエバーを30分登って頂上に13:00に着きました。
おめでとう
このスラブが一番体力がきつかったです。
写真から分かるように、後の雲から雨が降っているのが良く分かります。
下りの樹林帯に入ってから雷雨になりました。
17:00にバス停に着きました。
二日間続いたのでみんな疲れました。
ビックなクライミングができました。
登攀中は天気が良かったのでのどがカラカラでした。
ゴングラッチレーション![[emoji:i-1][emoji:i-3][emoji:i-5]