ed9087f2.jpg

1月2日曇りのち雪
入山日
12:30に鉱泉に着いたので、トレーニングを兼ねて、アイスキャンデーで氷登りをする。

60290808.jpg

同じところを登っている私です。
この日までは小屋は混んでいました。

d29d01ff.jpg

1月3日
朝から嵐なので、大同心大滝に登りに行く。

55f7e7cd.jpg

大滝をリードしている私。
天気が悪い、そして寒い!

c17c5ef3.jpg

同じ写真

cb12c764.jpg

同じ、大滝のクライミングの写真。
天気が悪いのがわかりますか?

cfb6e971.jpg

大同心大滝を登り終わった二人。
はじめて登りました。

03f48c75.jpg

1月4日 晴れのち雪
小同心に向って大同心の岩場の基部をトラバースしているところ。
7:30鉱泉出発

4cdef47c.jpg

9:10小同心クラック取りつき

5f524e0f.jpg

同じ写真

be343e9a.jpg

小同心クラックの全景

ab0b2275.jpg

取りつきから見た、壁の様子
前日までずっと雪だったのでべっとりと雪がついている。

6fe9085e.jpg

1ピッチ目のビレー点

fcb242c6.jpg

2ピッチ目のビレー点。

5d331981.jpg

同じところ

1bba38bd.jpg

同じところです。

a49213bf.jpg

3ピッチ目をリードしている私です。

c66af5f4.jpg

10:10
岩場を終了したところ。
喜びのガッツポーズ
1時間の登攀でした。
二人とも集中して良い時間で登ってきました。
早かったです!

d615b184.jpg

同じく、終了点でヤッターのポーズ

e755eb8b.jpg

縦走路に向ってトラバースしているところ。
雪が深い。

c566ec0f.jpg

下降路の雪面を下りているところ。
大同心ルンゼ

7b0c449c.jpg

懸垂下降のところ

e2a7c64c.jpg

大同心稜の安全地帯について、鉱泉に向って下降している。

0c672720.jpg

12:00に鉱泉について壁を見たところ。
すでに天気が悪くなってきている。
4時間半の登攀でした。
今回は、30日からずっと天気が悪く登れなかった人が多かったのですが、私たちは遅くに入山したのが幸いして悪天候もありましたが、目的のルートを登ることができました。
参加してくれた二人もよく登り、よく我慢しました。
そして、雪の多い難しい小同心クラックを早い時間で登りました。
おめでとう!