32469ef5.jpg

9月1日(火)霧雨のち晴れ
7:20有明荘を出発する。
合戦小屋で西瓜を食べているところ。

e86c4070.jpg

喜作新道のレリーフがあるところ。
14:00ころ
残念だが一人の方が体調不良で燕山荘を出たところで引き返すことになってしまった。
14:30に大天井ヒュッテについた。
宿泊者は少なく私達の他には3人だった。
北鎌尾根に行く人たちも私達だけだった。
15:30ころ小屋のお兄さんと日向ぼっこをしながら話をする。
17:00に食事の後も寝るまでには早いので、小槍の登攀のビデオを見たり、白き氷河の果てにのビデオを見たりして19:00頃寝る。
なかなか寝付けなかったと後でみんな言っていた。

06627327.jpg

9月2日(水) 晴れのち霧 空気清涼
朝3:45
大天井ヒュッテを出発するところ。
顔が緊張している。

78800f8b.jpg

北鎌のコルに着いた。
8:05
時間は十分に早い。
ルートのコンデションもよく快調に貧乏沢を下り北鎌沢を駆け上ってきた。
余裕の二人。
私のカメラが電池切れで使えなくなったため以後はゲストの方のカメラを借りました。

f45ae273.jpg

独標の手前 8:43
この後、猿達が私達の前を移動していったが、悪いトラバースのところで一頭の若い猿が崖から岩と一緒に落ちていくのを見てしまい人ごと(猿ごと)とは思えませんでした。
崖の下で動かなくなっていたので死んでしまったようです。
でもちゃんと仲間のサルがその落ちた猿のとこまできていました。
ボスざるには発信機がついていました。

9bc6fcd4.jpg

独標のトラバース地点
全景

792e4dcd.jpg

そのトラバース地点の手前で休んでいるところ。

927617c0.jpg

10:14
独標の頭にて。

北鎌尾根
12:00
北鎌平に着いた。
二人とも元気で早い。
残念なのは霧で槍の穂先が見えないことです。

北鎌尾根
12:30
いよいよ槍の穂先のチムニーの登攀だ。
二人の表情もうれしそう~!

北鎌尾根
そのチムニーを登っている私。

73dc183e.jpg

12:50
念願の槍ヶ岳の穂先に登りついた!
二人は強くて早かった!!
正に嬉しさが伝わってくる。
おめでとう!![emoji:e-257]
霧で何も見えなかったが、頂上に他にいた人たちに祝福してもらった。

fd9cd855.jpg

私も写真に納まる。
槍ヶ岳山荘もこの小屋にしては空いていた。
この後ゆっくりと喫茶室でミーテングを楽しんだ。普通は到着時間が16:00が標準なので、食事の時間が迫っているのでこんなことはないのだが・・・・・・
17:00の食事のあとは急に疲れが出たので早々に休んだり談話室でテレビを見たりして19:00には全員就寝した。

4049070f.jpg

9月3日(木)曇り
5:00に朝食をして、5:30には下山を開始したが、昨日見えなかった穂先と小槍をバックに写真を撮る。

a441d462.jpg

私もポーズを決めて写真を撮ってもらう。
この後、上高地には10:30過ぎに着きました。