1123ebbc.jpg


2月13日(金)曇り 異常に暖かい
10:30ころ
今回はK&Kさんと登りいった。Kさんは氷登りはずいぶんと腕を上げた様子。前回は八ヶ岳のマリシテンを登っている。
駐車場からの雲竜渓谷 パッと見氷がない。
4785ef29.jpg


友知らず手前の氷瀑郡、まだ何とかやれる。
今回はこの左手の氷を登る。
先日のNHKニュースに出ていた三苫君の登ったところだ。
7c30670f.jpg

雲竜瀑全景
今回はここを狙ったてきたがこれではどうしようもない。
氷がない!
4a569db7.jpg

さらに近づいた写真。
1ピッチでも登りたいと考えて取り付きまできたが、すごいシャワーでとても登れるものではない。
黒くなっているところから間断なくふりそそいでいた。
4b0f0cbd.jpg

一番手間rの垂れている氷を登った。下部は思ったより登り応えがある。

奥に見えている下までで届いていない氷柱は登攀終了後に大崩壊した。迫力だった!

072960c2.jpg

登り始めの私。
撮ってくれたのはK&Kさん
6a1953ef.jpg

c66f2472.jpg

5517aa1e.jpg

登攀の連続写真。
全体の高さは40mくらい。思ったよりはある。
下部のラインはどうしても足が決まらず、一度左足が浮いてしまった。聞いたらKさんもそうなってしまったと言っていた。
でも氷が柔らかいためアックスが決まるので不安はなかった。
つくづく思うが、こういったアイスクライミングのリードは楽しい!!
何も考えずただひたすら良いスタイルで登ることを考えるのは、仕事とはいえなんとも言えない喜びを感じる。Kさんもフォローで短い時間で登ってきた。スクリュウの回収も良くなってきている。

後、覚えてほしいのはいろんな状況でのロープワークです。これはたくさん登ってその場の状況におおじた処理を覚えるのが大切です。

スクール参加ありがとうございました。